金欠は我慢できるところから削って乗り切りましょう。

日常生活で急な出費がかさみお金に困ることはよくあります。貯金はなるべく崩したくないので私のやることは3つ、まずは財産の処分です。所持品の中でいらないものはないか売れるものはないか探します。そうするとでてくるもので、金券・本・ゲームなどなどまとめて売ったりすれば1万くらいにはなり、それで当座をしのいでます。ただしこれですと財産が無い時はどうしようもありません。そもそも出費が多いのは自分の生活にムダが多いためです。翌月以降同じ思いをしないためにやることは固定費の見直しです。携帯電話の無料通話やデータ通信が毎月あまっていたので容量を減らしたり、保険なども内容を見直したり保険会社を変更することでやはり数千円レベルで減らすことができます。殆ど通っていない習い事も金欠を機に辞めました。後は微々たるものですが、契約電力の容量を1つ下げました。工事は電力会社に連絡すれば無料で実施してくれますし、これだけでも数百円は違いますので長いスパンでみれば金額差は大きくなります。この4つの固定費を見直したことで前月よりも15,000円ほど余裕がでるようになりました。それでも支出が多い時は外食をなくして弁当や水筒を持って会社に行くようにしたり、休日に遠出しないようにしてガソリン代を節約したりします。金欠を乗り切るコツは自分が我慢できるところから削ることだと思います。ストレスさえなければお金に余裕のある通帳が心の余裕を生みだしてくれます。アコム審査

日々の工夫でコツコツできる!やりくり節約

コツ1は、食材を使い切って、不要なものを買わずに食費を節約することです。食材を無駄なく使い切ることを徹底的に心がけ、食べ切れないものは最初から買いません。そうすることで、食費が大幅に下がり、家計のやりくりにつながります。一回の買い物の予算を3000円以内と決めて、使い回ししやすい食材のみを購入し、中途半端に残った野菜は、例えば、野菜炒めやチャーハンの具材にするなどして、使い切ります。コツ2は、外出先で買いたいものをあらかじめリストに書き出し、衝動買いを未然に防ぐということです。ノートを一冊用意し、欲しいもののリストアップをすると同時に、欲しい理由や買った時の使い道の具体的なイメージを書き込んでおくとよいです。夫婦でよく話しあい検討してから買うようにするとよいです。無駄買いがなくなり、本当に欲しいものを買うために、貯蓄のやる気も高まります。コツ3は、お金を使わなかった日をカレンダーにチェックするということです。具体的には、お金を使わなかった日には、カレンダーにシールを貼って、一目で分かるようにします。こうすることで、お金を使わない日を意識できるようになり、買い物へ行く回数も減り、よけいなものを買わないですむようになります。総量規制対象外 カードローン 審査