本当に必要なものを見極める家計の見直し

つい3ヶ月前まで毎月赤字を出していたのですが、節約をするようになり少しずつ見直せるようになりました。

毎月のように何かしらの予定外の出費が出てきます。

それはお祝いや、税金や更新料など避けられない出費でした。

そのためいつもお金を貯めることもできずにお金に困っている状態でした。

それを改善するためにしたことは、まずはお買い物をするときに、本当に必要なものなのかを見極めることでした。

例えば安いから購入するという考えではなくて、安くても本当に使うのかと考えることです。

無くても困らないのであれば、購入する必要はないと考えました。

それから、栄養のとれる食材は購入し、お菓子などの無くてもいいものは購入しないことなど、必要なものを選んで買うようにしました。

他にも大の外食好きだったのですが、外食回数を減らし、月に1回の贅沢へと変えました。

外食を減らしただけで5千円も浮くようになったのです。

もし外食をしたくなったときは、パン屋さんなどで美味しそうなパンを買い、いつもとは違う気分を味わうようにして、少しの贅沢を許しました。

パン屋では絶対に500円以内で済みますので、外食よりはお金がかかりません。

少しずつ贅沢を押さえることで黒字へと変わりました。中央リテール 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です